時間別エネルギーの使い方のすすめ

こんにちは、細江啓太郎です。

新年度を迎えて、春らしくなってきましたね。

草木の緑も鮮やかに色づき始め、新たなシーズンの幕開けにワクワクしていますw

 

春は卒業と同時に、はじまりのシーズンでもあります。

終わりにしたいことを終わらせ、新しい自分を始める絶好のタイミング。

しかし、新しいことを始めると言っても、いざ実践する段階になると、なかなかスタートできなかったり、計画が思うように進まなかったり、何かしら出てきませんか?

せっかく希望をもって進もうとしているのに、これでは今までと変わらないですよね。

 

そんな時はどうすればいいのか?

 

今日は、

・新しい希望を感じているけど、一歩を踏み出せない
・新しい構想を練ってはいるけど、なかなか進まない

という時の解決策をお話します。

 

はじめの一歩

新しいことを始める際は、止まっているものを動かすので、最初の一歩にすごいエネルギーが必要なんです。

例えば、自転車に乗る時のことをイメージしてみてください。

最初のひと漕ぎは、ある程度の力が必要ですよね。

めいいっぱい踏み込まないと、動き始めないじゃないですか。

けど、漕いでいくと次第に楽になっていき、そのうちスイスイと進んでいけるようになりますよね。

 

自分のやりたいことを行う際も同じで、最初はある程度のエネルギーが必要ですが、

進んでいくと徐々に加速がついていき、ほどよい力でできるようになっていくんです。

 

いつ始めるの?

ということは、大事なのは、最初の一歩を踏み出すことですよね。

スタートを切る瞬間をいつにするのか?

これを早めに決めたいんです。

「早めに」と言っているのは、熱は冷めるからです。

ワクワクすることと出会って感情が盛り上がっても、何もアクションを起こさないと、日々熱量は下がっていきます。

 

そうなると、結局やらずに、いつもと同じ日々を繰り返すことになります。

なので、新しいことを始める際は、まず、最初の一歩を踏み出すことに力を注ぎたいんです。

「それは分かってるけど、そうは言ってもなかなか動けなくて、、」

という状態だったら、次のことを試してみてください。

すんなりと行動できるはずです。

 

時間別エネルギー

なかなか行動できない時は、どうすればいのか?

やりたいことは、時間別のエネルギーを使うということです。

大気中に流れているエネルギーは、一日の中で何度か切り替わるタイミングがあります。

そこを捉えて、自分のやりたいことを絶妙に合わせていくんです。

 

エネルギーってなに??

という場合もあると思うので説明をしておくと、空気中に流れている「気」の性質です。

分かりやすいのは、天気です。

晴れの日は気分が上がって、雨の日はしっとりとした気分になりますよね。

天「気」によって、人の状態って変わるんです。

このパワーを借りて、やりたいことを進めやすくしていきます。

具体的に言いますね。

 

綺麗で軽い

もし腰が重くて行動できないとしたら、やろうとしてることの一部でいいので、

朝の7時~11時の間に取り組んでみてください。

新しいことを始める際は、この時間を使うのがベストです。

この時間帯のエネルギーの特徴は、クリアなこと。

まだ余計なノイズが乗っておらず、綺麗で軽いんです。

軽いと行動しやすくなります。

もし行動が進まない時は、この時間の力をうまく活用しましょう。

 

モードが変わる

ちなみに、12時→14時→16時→18時と時間が経過するにつれ、エネルギーの状態も変わり、空の色も変わります。

そうすると、自分の「モード」も変わっていくんです。

朝9時の気分と、夕方6時の気分って違いますよね?

こんな感じで一日の中でも状態は変わっていくので、時間の変化に合わせて、やることを考えていきたいですね。

試しに、明日の朝、7時~11時の間に、やろうと思って手を付けてないことの一歩を踏み出してみてください。

あんなに進まなかったものが、スイスイと進むことに驚くと思います^^

 

  *   *   *

 

今日は、「新しいことを始めやすくする方法」をお話しました。

今日の内容を読んでピンときたら、さっそく動いてみてくださいね。

 

7日間の無料オンライン講座を配信中!

こちらをクリックすると、オンライン講座の詳細が分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

細江啓太郎

自然のリズムに合わせた体質改善法を伝えているダイエット講師。 「自らがパワースポットになる」をテーマにコンテンツ配信、ライブ講座などを開催。 趣味は季節別の美容法や、体質別スムージーレシピを考案すること。 リラックスしたい時は、森を歩いたりパステル画を描いてます。